エケベリア『ファイヤーリップ』の育成日記

エケベリア『ファイヤーリップ』の育成日記です。

季節ごとの育て方や成長した姿を記録していきます。

ぐら

ホームセンターなどでよく見かけるファイヤーリップ。
花びらのようなひらひらの葉は紅葉で綺麗に染まるとっても可愛い多肉植物です。暑さ寒さに比較的強く形が崩れにくいので初心者におススメ出来る多肉植物です。

この記事に載っていること
  • ファイヤーリップの基本情報
  • 成長の記録
  • 季節ごとの育て方とやった事
目次

基本情報

ぐら

ファイヤーリップの基本情報です。

名前ファイヤーリップ
品種エケベリア属
春秋型
置き場所風通しの良い明るい場所
水やり土が乾いてからたっぷり
夏は少なめに(月1~2回)
冬(1月~2月)は断水
その他耐寒温度は-1〜-2℃
(-7℃を耐えた実績あり)
霜にあててもOK

成長記録

2021年11月

2021年11月にホームセンターからお迎えした『ファイヤーリップ』

ファイヤーリップ(多肉植物)
ファイヤーリップ
ファイヤーリップ(多肉植物)
植え付け後
ぐら

花びらのような葉が印象的なファイヤーリップ。小さな鉢2つに分けて植え替えました。
氷点下になってきたら1つは室内管理、1つは屋外管理で育ててみようと思います。

2021.11の育成状況

※「置き場所」と「水やり」のタブ切り替えが出来ます

南向きの軒下
 ・風通し良
 ・雨は当たらない

2021年12月

ファイヤーリップA(2021.12)
2021.12の様子A
ファイヤーリップB(2021.12)
2021.12の様子B
ぐら

12月はまだどちらの鉢も外で管理しています。
寒くなってきたのでだいぶ紅葉してきました。全体が染まるというよりエッジの部分が染まっています。

2021.12の育成状況

南向きの軒下(プラダン温室)
 ・風通し良
  ※寒い日はプラダンで風を遮断
 ・雨は当たらない

2022年1月

ファイヤーリップA(2022.1)
2022.1の様子A
ファイヤーリップB(2022.1)
2022.1の様子B

最低気温が-5以下になってきたので2つの鉢を室内管理と屋外管理に分けました。

  • 青い鉢(A)→室内管理
  • ピンクの鉢(B)→屋外管理
ぐら

室内管理のAの方は、軽く水やりをしたのと室内に切り替えたせいか紅葉は屋外の鉢より控えめになりました。
屋外管理のBはまだまだ紅葉が綺麗です♪

2022.1の育成状況

A(室内管理)

・サーキュレーター使用
 ・育成ライト使用
※日中の暖かい時間帯は外に出す

2022年2月

ファイヤーリップA(2022.2)
2022.2の様子A
ファイヤーリップB(2022.2)
2022.2の様子B

2つの鉢を室内管理と屋外管理に分けています。

  • 青い鉢(A)→室内管理
  • ピンクの鉢(B)→屋外管理
ぐら

室内管理(A)→1月とほとんど変化なし。
屋外管理(B)→断水のせいか葉がペナペナになってきました。紅葉は綺麗です。
葉が薄い分シワシワにならないけどペナペナにはなります。

2022.2の育成状況

A(室内管理)

・サーキュレーター使用
 ・育成ライト使用
※日中の暖かい時間帯は外に出す

2022年3-4月

ファイヤーリップA(2022.4)
2022.4の様子A
ファイヤーリップB(2022.4)
2022.4の様子B

暖かくなってきたのでA、Bどちらの鉢も屋外管理に戻しました。

ぐら

3月から徐々に水やりを再開したことで屋外管理だったBの方も少し葉がふっくらしてきました。
断水の影響で外葉が枯れたのでBの方がちょっぴり小さくなったかも!?

2022.3-4の育成状況

南向きの軒下(3月はプラダン温室)
 ・風通し良
  ※寒い日はプラダンで風を遮断
 ・雨は当たらない

2022年5-6月

ファイヤーリップA(2022.5)
2022.5の様子A
ファイヤーリップB(2022.5)
2022.5の様子B
ぐら

水やりの効果で葉に張りがでてきました。同時に紅葉も落ち着いてきましたね。
屋外管理だったBは若干苗が疲れている感じが…

2022.5-6の育成状況

南向きの軒下
 ・風通し良
 ・雨は当たらない

2022年7-8月

ファイヤーリップA(2022.8)
2022.8の様子A
ファイヤーリップB(2022.8)
2022.8の様子B
ぐら

夏になり紅葉はすっかりなくなりました。暑さに強く、猛暑続きでしたが根腐れや虫の被害はありませんでした。
葉焼けの恐れがあるので遮光はしていました。

2022.7-8の育成状況

南向きの軒下
 ・風通し良
 ・寒冷紗で遮光(40%)
 ・雨は当たらない

2022年9-10月

ファイヤーリップ(2022.10)
2022.10の様子A
ぐら

暑さも和らぎ水やり再開するとひとまわり大きくなった感じです。
まだ紅葉は全然していないですね。
Bは写真を撮るのを忘れていたらしく画像がありませんでした💦

2022.9-10の育成状況

東向きの軒下
 ・風通し良
 ・雨は当たらない

2022年11-12月

ファイヤーリップ(2022.12)
2022.12の様子A
ファイヤーリップ(2022.12)
2022.12の様子B
ぐら

だんだんと寒さが厳しくなってきて12月の夜は毎晩氷点下に!
そのおかげか、しっかり紅葉も進んで綺麗な赤色になりました。
今年はどちらも外管理で冬越ししようと思います!

2022.11-12の育成状況

南向きの軒下(プラダン温室)
 ・風通し良
  ※寒い日はプラダンで風を遮断
 ・雨は当たらない

比べてみた

お迎えした時と1年後を比較してみました。

ファイヤーリップ(多肉植物)
植え付け後
ファイヤーリップ(2022.12)
2022.12のファイヤーリップ
ぐら

室内管理の方はちょっと大きくなった感じがしますが、屋外管理の方は少し小さくなったかも。
紅葉の出方も1年目の冬に室内管理していた方が綺麗に出ている気がします。
たまたまなのか、屋外管理の方は1年前の冬の寒さで株が疲れているのか…
マイナス気温が続く時は室内管理に切り替えた方が、次の年の紅葉が綺麗に出るかもしれません。
ただ、屋外管理でも枯れたり凍結したりはありません

終わりに

エケベリア『ファイヤーリップ』の2021年11月~2022年12月までの様子を纏めました。

ここまでで感じたことはこちらです。

『ファイヤーリップ』まとめ
  • 寒さや暑さに強い
    ただし、マイナス気温が続くと葉が傷んだりする
  • 適当な寒さで(0〜5℃程度)綺麗に紅葉する
  • 断水すると葉がペナペナになりやすい
  • 葉は薄め
たーまる

暑さ寒さに強いので、比較的育てやすい多肉です

育てやすさ ☆☆☆☆
耐暑性 ☆☆☆☆
耐寒性 ☆☆☆
(凍ったりはしないが葉の傷みはあり)
増やし易さ -
(葉挿し未実施のため不明)
お勧め度 ☆☆☆☆
※☆5が満点

ぐら

手に入りやすく、育てやすいのでおススメの多肉植物です。

ハニーミント
¥330 (2023/01/27 10:51時点 | 楽天市場調べ)

関連記事ご紹介

同じ時期にお迎えした多肉の紹介ブログです♪

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!

ポチッと押して頂けたら嬉しいです♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ログハウスに引っ越してきてから
多肉植物とプチDIYにどハマり。
パートナーの『べあ』を巻き込みながら
多肉植物を愛でたり愛でたり愛でています。
多肉愛には自信あり!

目次